スナックナビのニュース

【裏昭和史探索】スケベに対する人間の執念はすさまじい

アナログででデタラメでインチキだけど、人間味あふれるホンモノ。それが昭和。

 
「え、このタイトルと写真、何ごと?」

とか思いつつ、いつもシッカリ読んでいただける心やさしきスナックナビユーザーの皆様、毎度ありがとうございます。

お察しの通り、今回は、いつものお店紹介ではありません。

めちゃくちゃ面白かった書籍の話です。

裏昭和史探索/小泉信一(朝日新聞出版)

少し前置きします。
実は、この本の著者とスナックナビはご縁があります。

と言うのは、2018年3月。
朝日新聞に「スナックをたどって」というコラムが連載され、スナックナビも取材を受けたことがありました。その取材をし、この連載記事を執筆された方が今回の本の著者、朝日新聞編集委員(大衆文化担当)の小泉信一さんその人です。

取材時、小泉さんの全国スナック遍歴に舌を巻いたのみならず、色歌酒のほか大衆文化なら何でもござれと、小泉さんの体験談は驚きと笑いの連続でした。すこぶる面白い人なんです。

そんな人の書いた裏昭和史。
そりゃ必読でしょ!

昭和は大衆風俗からも見なきゃいけません

昭和、ウィキペディアによると世界史上もっとも長く続いた元号らしく。1926年から実に63年間という平成の倍あった時代です。

この時代、特に戦後から目覚ましい発展を遂げたのは経済ばかりではなく、大衆風俗も力強かったことがこの本に記されています。

そうこれは、性や特殊風俗の業界・人々といった正史では取り上げられない視点から昭和を見ています。真面目に。わかりやすく。

たとえば、ある風俗ができたときはこんな社会情勢で、大衆の心理や価値観はこうだった、その時この業界はこの人はとか―

時代の背景や個人の事情まで踏み込んだ解説・分析もありつつ、業界人や伝説的な関係者からの回想も録取し、何より著者のリアル体験も織り交ぜた語りの臨場感がハンパじゃありません。

むしろ思います。
昭和を知ろうとするなら、思い出そうとするなら、この大衆風俗を外しては片手落ちだと。

※官能的な業種・行為・人物についても存分に掘り下げている本書ですが、卑猥とか下劣な表現はなく、かえってこの時代を謳歌した父母あるいは祖父母と一緒に字引きしながら楽しめる書物です。

昭和の風俗は過激?

本書では、「夜の街をたどって」というメイン章に30項目の大衆風俗が語られています。

一部、タイトル/サブタイトルを抜粋したいと思います。本ブログ記事を書いた私ことスナックナビ五十嵐43歳(昭和の夜あそびは未体験)の短観も少々添えます。

・額縁ショー
「本物だよ」ストリップの誕生
―昭和風俗の多様化の産声は戦後、つまりS20年後半から始まるらしい。

・トルコ
「蒸し風呂」から「石けんの国」へ
―私が最も食い入って読んだ項目。後の名称ソープランドが一般募集されたもので、名称決定は赤プリで記者会見、トルコ共和国大使館の参事官が同席して喜びのコメントを発し、新聞各紙で好意的な扱い。マジかっ!

・愛人バンク
「美味しい生活」の末路
―援助交際というのは平成ワードと思いきや、’80年代ですでにあったとは…。愛人バンク経営者の女性は朝昼夜とわずTV出演してたとか。それ、ありなの?

・薔薇族
著名人も愛したゲイ雑誌
―創刊者はノンケだった?何にせよ革命的な雑誌。

・キャバレー太郎
福田赳夫も遠藤周作も
―キャバレーハリウッドの名は知ってるけど。銀座店の延べ床面積は1千坪だった?3000㎡以上てこと?…恐るべし…

・ストリッパー
反権力の象徴
―私のストリップ初観戦は1998年。すでに平成の世。生板ショーは未経験。

・ビニール本
スケスケとモヤモヤの彼方に
―とりあえずサブタイが秀逸(笑)。「雑誌を覆うビニールをはがすときのドキドキ感は今も忘れられない。」との著者談が、時代の違う私にも共感ひとしお。きっと世代を超えたドキドキがある。それがエロ本。

・アルサロ
「明日では遅すぎる」
―S25年、すでにキャバクラの前身たるアルバイトサロンなるものがあったとは。キャバとは違うんだよね?

・グルメ風俗
奇想天外な事業構想
―つまり、ノーパン喫茶とか。ノーパンというダイナミクスとお触り禁止のモラリズムを共存させた画期的なサービス業。天才ですね。

ちなみに、この”グルメ風俗”は本書のメイン章「夜の街をたどって」の最終項目。著者の小泉さんはこう締めくくる。

「平成ももう終わる。ノーパン喫茶やノーパンしゃぶしゃぶに匹敵するような、あっと驚く性風俗がこの先も登場するのだろうか。」と。

(私には、驚かせてくれという小泉さんの心の声が聞こえる気がしました。)

※書籍からの引用・抜粋
今回のブログ記事には、小泉さんの寛大な許諾がいただけると信じ、勝手な引用・抜粋がそこかしこにございます。読者様には、無断転用なきようくれぐれもお願いいたします。

昭和風俗を通して思うこと

昭和風俗のネーミングセンス、すごいですね。

のぞき部屋、ソープランド、キャバクラ、大人のおもちゃ、ノーパン喫茶、etc

その陰に死滅したものもあまたあれど、もはや教えてもらわなくてもイメージできる風俗用語がこの時代に数々生まれています。

昔はよかったという話ではありません。

これも本書通して語られていることですが、新しいアイデアって規制に対する涙ぐましい努力や知恵が切りひらいた新境地だったりします。よく言うピンチはチャンスってやつです。(まあ、あとから言うのは簡単ですが。)

何ゆえ新境地に至ったか、そのエッセンスを歴史に学ぶというのにこれほど打ってつけのものは無いんじゃないかと。

(個人的には、2020年のたばこ規制を回避できるナイトな場を期待しています。)

風俗史とも、ビジネス書とも、本書の性格はあなた次第。

マジ、読んでみて。

昭和に夜あそびを覚えた世代のあなたはもちろん、その世代をお父さんやお爺ちゃんに持つ若いあなたにもオススメしたい。

ぜひ、昭和語りしてみてください!

※本書のメイン章「夜の街をたどって」の後には、小泉さんたっての希望で実現した伝説の雑誌「写真時代」などの編集長を務めた末井昭さんとの対談録。次いでUMA・UFOなど未確認なロマンへの探索と続きます。

裏昭和史探索/小泉信一(朝日新聞出版)

裏昭和史探索/小泉信一
日本で唯一、「大衆文化担当編集委員」の肩書を持つ小泉真一・朝日新聞記者が昭和を”裏”から覗いた大衆史。週刊朝日の人気連載に加筆し、「未確認生物」「UFO」の章も追加!
(本の帯ドメより引用)

あの橋本マナミさんがお店のママに?!

あの橋本マナミさんがお店のママに?!

あなたの夜がきっと素敵な時間になる!

ママが似合いすぎる!

実は、橋本マナミさんがママを演じるCMのお話。
現在、全国の街頭ビジョンで流れているため、目にした人も多いはず。

たった30秒ながら、これはもうドラマです。
見れば、この余韻を持ったままスナックへ飲みに行きたくなること請け合い!
 

まるで吐息が聞こえてくるような笑顔

冒頭、カウンターにたたずむママがふと顔をあげ

「いらっしゃい」
(いとおしさが溢れんばかりのママ)

この時点でもうヤバイ。
引き込まれます。
 

自分にだけ洩らしてくれる心の内

お酒を飲んでいるとママがそっと見つめながら

「私ね、今日はなんだか寂しい気分なの…」
 
 
えっ?!
 

そんなこと言われたら、もう・・・

ママは笑顔のまま見つめつづけ

「そのお酒みたいに私を酔わせてくれる、そんな歌が聴きたいな」

氷がカランと音をたて

「私のために、歌って?」
 
 
とくれば、もう。。。
 
 

で、そのCM動画がこちら!

 
YouTube 橋本マナミがお店のママに?!【JOYSOUND新CM】~30秒ver.~
 

メッセージは「あなたの夜の素敵な時間に。」

というわけで。
カラオケJOYSOUNDが贈る、夜の酒場を盛り上げる応援CMなんです。
現在、女性のスナックブームなど、再び注目されつつある夜の酒場市場。

今回の橋本マナミさんとのナイト店応援企画など、さらなる市場を盛り上げるJOYSOUNDの展開に今後も期待大だ!
 

ちなみに、流れている曲は?

KANA『ドライな貴方を飲みほして』
CMで使用された曲は、幅広い世代に人気の女性シンガー、KANAの『ドライな貴方を飲みほして』。

KANAさんがJOYSOUNDのCMの為だけに書き下ろしたというオリジナル曲もスナックシーンに抜群にマッチしています。こちらも注目です。


【CM使用曲】KANA『ドライな貴方を飲みほして』
先行配信日:2019/1/4
CD発売日:2019/2/20

【KANAさんプロフィール】 2009年5月「ナイアガラ~マリリン・モンローの伝説」でテイチクレコードより再デビュー。作曲家 杉本眞人率いる「すぎもとバンド」のバックコーラスとして活動し、大物アーティストのレコーディングやコンサート、音楽番組でもバックコーラスとして活躍。現在は、ソロシンガーとしてテレビ・ラジオや、ライブ活動も精力的に行っている。

~受動喫煙防止条例が可決したので、時代を先取り!~禁煙(でも加熱式タバコはOK!)キャンペーン

~受動喫煙防止条例が可決したので、時代を先取り!~禁煙(でも加熱式タバコはOK!)キャンペーン

スナックでも加熱式タバコに注目!?

全日本スナック連盟 直営店(スナック玉ちゃん 赤坂本店/北新地店)にて、7月17日(月)~30日(月)の2週間、店内禁煙での営業になるとのこと!

6月27日、東京都で「受動喫煙防止条例案」が可決

2020年4月から様々な場所でタバコが吸えなくなります。
つまり、再来年には『スナック玉ちゃん』も店内禁煙になる予定です。(加熱式タバコは未定)

そこで今回、慣らし運転のごとく
 

いっちょ先行してやってみよう!という企画

ただし!店内禁煙といっても、加熱式タバコのご利用はOKです。
さらに!この機会に加熱式に替えようかな…という方に向けて、IQOSのお試しや販売も行われるよう。

禁煙の波が押し寄せていますが

煙の出ない店内クリーンな『スナック玉ちゃん』で1杯やりながら、皆さんの「慣らし運転」も試してみては?というお話。

是非お気軽に~!

【初心者歓迎】玉ちゃんでスナックデビューイベント開催!

スナックデビューイベント

これで、あなたにもスナックが気軽な存在に


 
「よし、次はスナックデビューイベントやろう。」

スナック愛好家として有名なタレントの玉袋筋太郎が、今度はスナックデビューしたい人を後押しする入門イベントを開催することに!
 

何かと注目されるスナック界

スナック。
いわずと知れた昔からある心のオアシス。

サードプレイスとして、こんな完璧なところは無いと―

最近では、女性も積極的に遊び行こうという「スナ女」のススメがあったり、強いビジネスモデルとして挙げる実業家がいたり、自治体や企業がPRの場に活用したりと、各方面からの注目が年々増しています。
 

でも、スナックって分からないから恐い

予算感が分からない。
振る舞い方が分からない。

一昔前なら先輩や上司に連れられいつの間にか覚えられたスナック遊びも、会社の経費で飲みづらくなった昨今、先輩から後輩への継承がなくなったということでしょう(笑)。

分からないから恐い(気持ちわかります)。
 

そんなスナック初心者のための!

玉袋筋太郎のスナックデビューイベントです。
あなたも、この機会にぜひ参加してみては!
 

イベント案内
日時:6月30日(土)16時~18時
場所:スナック玉ちゃん
住所:東京都港区赤坂4-2-3 ディアシティ赤坂一ツ木館B1F
料金:チケット制(5000円)
販売:https://bievent-0630.peatix.com/

スナフェスvol.4@赤坂に行って来たよ!

スナフェスvol.4_01

2018年1月27日(土)
会場はおなじみ「赤坂CHANCEシアター」


(前回記事)赤坂スナックフェスティバル2に行ってみた

笑いあり、涙ありのスナックイベント

今日も“美海ママ”(西山美海)と“トールマスター”(桐畑トール)の営業前の準備風景から-

 

スナフェスvol.4_02

 

と、オープンと同時に2丁拳銃 小堀裕之が登場して会場のお客様に1曲披露からの
スナックフェスティバルの開幕と乾杯の挨拶♪

 

スナフェスvol.4_03

 

会場は相変わらずの満席、お客様各々ビールやお酒を片手にリラックスした表情♪

毎回参戦されているお客様もいるとの事で、
イベントとして回を重ねるごとに「スナック愛好家」も増えつつあります!

 

沙耶ママ初登場!

 

スナフェスvol.4_04

 

ここで毎度おなじみベン山形やセクシーJの登場の後に「特別ゲスト」が…
何と、赤坂「スナック玉ちゃん」の沙耶ママが初登場♪♪
(メディアほぼ初解禁! 可愛いらしいママさんです(^-^))

お店に居る時と変わらない“自然体”で(笑)会場を沸かせます!

 

更に特別ゲストはスナックナビでもおなじみの・・・

 

スナフェスvol.4_05

 

その後、美海ママから「実は私もゲストを呼んでるの」という一言で「8∞カンパニー」がスナフェスに初登場!!
※飲みドル 8∞カンパニーとは・・・
スナックナビ本サイトの『8∞カンパニーの体験入店いってみました!』を見てね(^-^)

さすが「飲みドル」、若干アウェーかと思われたスナフェスでも歌にMCに盛り上げてくれました!!

 

美海ママのママもカラオケで熱唱♪♪

 

スナフェスvol.4_06

 

スナフェス恒例のお客様の「カラオケタイム」♪
(ある意味、演者と観客が1番一体になれる!?)

1人目の女性が歌い終えた後、小堀がおもむろに客席からある人を指名・・・

壇上に上がったのは美海ママの“リアルママ”!!
チーママとオーママのデュエット、「ダンシングヒーロー」で会場は大盛り上がり!!!
美海ママの照れくさそうな嬉しそうな表情が印象的☆

 

感動のドラマが繰り広げられます

 

スナフェスvol.4_07

 

それはとあるカップルの物語。
結婚を約束している2人、、だが男(ムートン伊藤)の両親は結婚に大反対。
何故なら、フィアンセ(日里麻美)はスナックで働いているから・・・。。

 

スナフェスvol.4_08

 

そんなある日、フィアンセが働くスナックに男の父母がやって来る。
面と向かってスナックで働く事を非難する父と母に憤慨し、反論する親友に同僚達。
そんな中、美海ママがスナックへ偏見を持つ父母にスナックへの愛を熱弁・・・
徐々に考えを改め始める父と母。

 

スナフェスvol.4_10

 

最後には「息子をよろしくお願いします!」とフィアンセと握手!!
今までのスナフェスには無かったハートフルな物語でした(涙)

 

スナフェスvol.4_11

 

そんなこんなであっという間の2時間が経ち、エンディングへ。
今日の出演者が全員壇上に集まり、最後のあいさつへ
「本日もご来場ありがとうございました!!」

 

次回は舞台『スナック玉ちゃん』が帰って来る!!

◇日程:2018年3月1日(木)~5日(月)
◇会場:中目黒キンケロシアター
◇脚本・演出:ヘドロットン(小堀裕之 2丁拳銃)
◇監修:玉袋筋太郎
◇出演:川上麻衣子、里久鳴祐果、藤原亜紀乃、ケン(水玉れっぷう隊)、西山美海、坂本泰裕(Rave Amenity)、久留海まりん、西口有華、滝島梓(電波子)、江藤菜摘、島居俊介(シマッシュレコード)、嶋田修平(シマッシュレコード)、けーじ(キカンタレ)、仮屋竹洋(キカンタレ)、小田島信介(トマト)、小林勇斗、緑川雄志、小堀裕之(2丁拳銃)and more…
◇あらすじ:「ママが嫌いでした。」スナックで働く母を持つ10歳の娘は、物心ついた時から母親に対して許せない事がたくさんあった。娘24歳、その思いは変わらずだが、大人になった今でも、扉の向こうは歌があり、愛があり、何よりお客さんはみんなママが大好きだった。二人は分かり合える日は来るのか?

扉を開けると いつもそこには
「笑い」と「歌」が 溢れている

これは 「ミュージカル」なのか「バカ騒ぎ」なのか…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。